「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

2018年版 オーディオCD(CDA)の作り方 備忘録

2018/12/21
コンピューター 0
2018-12-21
久しぶりにオーディオCDを作りました。こんな作業は何十年ぶりでしょ。

僕がやってたその昔は、
単にリッピングしてwavファイル→CD作成フリーソフトでCDA形式→そのまま焼く

という若干イレギュラーなやり方でしたが、今じゃiTunesで気軽に再生リスト作って焼けるし、自作CDもCDDBに気軽に登録できる。
いや昔もできたのかもしれませんが、今や取り込みソフトでアルバム名、曲名が表示されないとかなりのストレス。気軽にできるのは有り難い。
そのへんもトライアルしてみました。
以下、2018年版自作CDの作り方、個人的備忘録

・波形ソフトなどの編集ツールは一切使わず。

■コンテンツは音声セミナー系

・自作CD
・ファイルはmp3
・CDは全8枚構成
・ファイル容量は合計650MB程度だが、音声CDは合計80分を超えると収録できない
・iPhoneなどで直録りしたので音量が小さい


■音量調整

MP3Gainで音量を均一化する

お話コンテンツで89db均一化は少々小さいかもしれない。ここは要実験。

■各曲のタグ(プロパティ)編集

mp3にアルバムや曲名などの情報を付加する。
これをいちいち開いて64本直すのは大変。そこでなるべく一括で編集できるソフトを探す。

「Mp3tag」

注意点は、必ず直すファイルをアクティブにして直すこと。
アルバムの全共通項目を直すときも、全選択して直す。
保存するとその都度「1ファイルごとに書き込んでますよ~」とわかりやすいのが便利。
困ったら「mp3 タグエディタ」で検索

■アルバム名、曲名はiTunesで確認、編集

WindowsMediaPlayerでもできますが、ここは取り込みソフトのデファクトであるiTunesで統一することにした。

このサイトさん達はとてもわかりやすかった



タグが完璧でもiTunesですべて表示されるとは限らない。
iTunesのなかで、
  • 各mp3ファイルを読み込み、再生リストを作成する→これをCD1枚として構成する。
  • iTunes上でアルバム名、曲名、その他が表示されるか確認
  • タグ(プロパティ)変更は、前述の Mp3tag で修正すると便利
  • 右クリック「プレイリストからディスクを作成」
  • この際「CD-Textを含める」に必ずチェック入れる

■曲名を専用サーバーに登録(送信)

iTunesでCDが完成したら、iTunesは自動的にCDを音楽CDとして読もうとする。
ここで作成したそのiTunes内では曲名が表示される(ソフト内で照合してるのか?)が、他のPCで表示されない。
ここで歯車→「CDトラック名を送信」する


詳細解説はこちらがわかりやすい

必ずジャンルの入力を求められるので「Rock」にしといた。
理由はロックスピリッツで破壊と創造を繰り返したいのと、選択肢が上の方にあるから。

この後、丸一日経過したら反映されていた。
もし、他のPCにCDを挿入してiTunesに曲名が表示されない場合は、同じく
歯車→「トラック名を取得」して、取りに行く。


■量産する場合は

フリーのディスク焼きソフトで秀逸な ImgBurn で複数枚焼くと便利なはず

音楽CD用の「CUEファイル」を作成して各種アルバム、曲情報を編集できる模様。
但し、このソフトで焼いたタグ情報がiTunesでそのまま表示されるかどうかは要実験。

スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.