「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

スマホ動画でインタビュー撮影 ちっちゃなコツ iPhone・Android

2015/11/09
映像制作 0
最近のiPhoneなどはほんとに動画がキレイ
ヘタなビデオカメラで撮るよりiPhoneお任せ(自動修正?)で撮った方がよいぐらい。
ただし「音」の問題は依然としてビデオカメラの勝ち。
その点を踏まえながら「スマホでインタビューを撮るには?」をまとめました。

■撮影スタイル、チェック点
・横型スタイルで撮影
・できるだけスマホを固定して撮影
 (三脚の上にスマホを固定する機材などを利用)





・事前にスマホの動画撮影設定で、品質=最高画質に


■インタビュー方法
・聞く内容によりけりだが、カメラに直面してメッセージを言う必要なし
 横にインタビュアーさんを置いて、その方に話しかけるのでもOK
 (ニュース番組のインタビュー映像がこの方法)

・編集しやすいように、話し始めの前に3秒、話し終わったあとに3秒の空白を作る(無音部分)
・話し始める前は撮影者が指で3.2.1とカウントしてあげる。
・話し終わった3秒間も、インタビュアーに目線を向け続け、他の場所に目線をキョロキョロ向けない
 ※いかにも「あぁ終わったー」という表情にならないように
・コメントがどうしてもつっかえてしまうときは、
 見えないインタビュアーの顔らへんにカンペ用紙を掲げ、それを読むのも一案です。


■大事なのは「音」
・きれいな音が録れるよう会議室など静かな場所で収録
・音さえきれいにとれれば、ベランダなど外でもOK
・ドライヤー、店内の有線放送、スタッフの喋り声など、出さないようにできる音は出さないようにして収録する
・もしやる気があれば、iPhone用ピンマイクなどを購入
 どんな高い機材で録音するよりも、口元の音声を拾う事が何よりキレイな録音できます。(iPhone/Androidで異なるので要注意)




■明るさ
・室内の蛍光灯は、つけられるだけつけて明るくする
・外光が入る場所なら、お顔が明るく映るような場所を選ぶ
・一部が明るい場所だとその明るさに引っ張られて画面全体が暗くなり、お顔が見えにくくなることも。
 大事なのは喋ってる表情がきちんと見えること。忘れずに。


■確認
・うまくいかなかったら何回か撮影することを予め話者に話しておく。この打合せが重要!
・何度か撮影してみて、パソコンやテレビなど大きな画面で確認し、再度撮影
・その映像の用途がスマホ用ならスマホの画面で確認するだけでOK
・用途がネット配信、大画面放映ならできるだけその環境に近い状況で確認すべし
・音がきちんと録れているかを必ず後で確認 録れてなかったら再度撮影
・映像を見て言葉が入ってこなかったらインタビュー映像としては価値半減
・周辺の音声環境が劣悪で録れないようなら、できるだけスマホ本体(マイク)に近づく
 多少絵面がよくなくても諦める

・いくら絵面が美しくても声がキレイに入ってなかったらそのインタビューは半分失敗と心得よ


■さいごに
・大事なのは、イキイキとした「表情」と「声」 それが取れればOK。
逆にそれが撮れなかったら何度かやり直してみましょう。
その判断基準がディレクターの腕の見せ所。

頑張ってください!




スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.