「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

世界の「石丸電気」のブランドが消滅

2012/09/06
初心者マーケティング 0

世界の「石丸電気」のブランドが消滅
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120908/etc_edion.html

秋葉原の電気屋さんが吸収合併倒産するのはよくある話。
サトームセン、ロケット、T-ZONE、LAOX...
その中でも石丸電気はソフト館という複数のステージを持った店舗を2館持つ特殊な存在でした。
その当時、今タワーレコードなどで行われるライブ、パフォーマンスをキッカケとしてソフトを売っていく先がけのお店でした。その後、CDやDVD(グラビアアイドル)不況もあってからそういう手法での商売も成り立たなくなっていきます。

買収した親会社もあまりよくなかった。
その辺の量販店とは違う「秋葉原の石丸電気」の特長を生かせなかった。お客として見ていて、いかにも本部からの指示的な改善しか感じられなかった。
そのソフト本館が潰れる直前までよくお店に行ってましたが、なぜもっとライブ、体験→ソフト販売という楽しさを前面に、全館的にダメ元でやってみなかったのか。 売れなかったら店舗整理すればいい、という雰囲気が蔓延してたような空気でした。

きっと現状のままではエディオンとしても事業継続は難しいでしょう。
ヨドバシのように店舗に行くだけで何か買おうかな?と思わせる店舗開発、
ビックカメラのようにポイントを含んだ激安商法など、都心部の家電量販店はいろんなものと闘わなければいけません。
ほんとに難しい時代になりました。

あの、かつて夢の場所だった石丸ソフト館があったビルは、今年の秋からカラオケパセラの店舗になります。
カラオケでも面白い部屋を作って特殊な体験型店舗のパセラ、秋葉原でも少しずつ店舗数を増やしてます。
http://www.pasela.co.jp/shop/akiba_multi/index.html
http://www.pasela.co.jp/shop/akiba_denki/index.html

このビルのテナント移行も、2012年における秋葉原を象徴していて、ある種自然な事なのかもしれません。

スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.