「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

ビデオ側にXLR端子がなくてもXLR端子マイクは使える

2011/11/20
映像制作 0
音声収録系のちょっと専門的な話です。

訳あって家庭用ビデオのマイク端子に挿すマイクについて調べてました。
ガレージのマイク機材を掘り返してると、それ向けに作られた安価なマイクが見つかったので手持ちのキャノンビデオカメラ(iVIS HF S11)につけてみたもののうまく動かない。

カメラ端子

確か、家庭用カメラはマイク入力は「プラグインパワー」といってマイクに給電してくれるタイプがほとんどのはず。
昔はこの穴にライン入力を入れようとしてかなり苦労しました。(今思えばバカなことしてました)

んでマニュアルを引っ張り出して読んでみるとこうある。 

マニュアル1   マニュアル2

『市販のマイクを使う時は、電源内臓タイプのコンデンサーマイクをお使いください。
端子の直径が3.5mmのステレオマイクであれば、ほとんどが使用できます。音量は内臓マイクと異なります。』


あれれ・・?なんか手軽なことしか書いてないぞ?

マイク種類がコンデンサーマイクとか、ステレオだとかまったく大きなお世話ですが、(きっとよくわかってない人がマニュアル書いてる) どこにも「プラグインパワー」という記述はありません。

もしや!と思い手持ちのマイクを繋げて試してみました。

▲オーディオテクニカ AT805F
http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/at805f.html

当時¥5000程度
ラべリアタイプ
プラグインパワー対応マイク
そのまま挿すとプラグインパワー
給電ユニットを使いボタン電池で給電して普通のマイク端子にも挿せる

→試してみると、給電なしにそのまま挿したらだめ(×)
給電ユニットを使うとOK。


▲SHURE 8900
http://www.amazon.com.mk/Shure-8900W-Microphone-Adapter-Holder/dp/B0000WOEFU

当時¥8000程度
ごく普通の廉価なダイナミックマイク
端子はXLR
付属のケーブルでミニプラグへ変換

付属のケーブルでそのまま挿すとOK。


▲ソニー ECM-77B
http://www.sony.jp/pro-audio/products/ECM-77B/

業務用コンデンサー型ラべリアマイク
単3電池で給電可能

単3給電した状態で、XLR→フォン→ミニプラグで挿すとOK。
もちろん給電なしだとだめ。


■音質
最終的にはアンバランスのミニプラグで入力するためか、どれも同じ
同じラべリアでも、価格的に何倍も違う AT805F ECM-77B でも性質の違うはあれど、どっちが上、下という印象はなかった。
どれもモノラルマイクなので左chにしか音声は入らない。空きの右chのヒスノイズが気になるものの、音質的に悪いものじゃない。このままYouTube用インタビュー映像に使っても問題ないレベル。
もしかしてカメラ側のオーディオ信号の処理が優秀だからなのか?


■まとめ
もしかして、最近のビデオカメラにはプラグインパワータイプのマイク端子は少ないのかもしれません。

家庭用ビデオの外部入力マイク端子なんかを使う人は、機材のことを分かってるプロみたいな人ぐらいなはず。
そこでプラグインパワーは余計な機能なのかも。
業務用のファンタムの必要なマイクでも電池給電できるタイプは結構あるし、端子さえ変えればXLR端子もミニプラグに変換できる。汎用性が高くてこっちの方がよっぽど使いやすい。

実は今までも「家庭用カメラはプラインパワーマイク!」と勝手に思い込んでいたためキャノン端子のマイクはわざわざ別の音声レコーダーに繋いで録音してました。(それを編集で同期)
それが普通のマイクが使えるとなれば、いろいろ広がります。

例えば、インタビュー収録などで机上に置く業務用バウンダリーマイクを繋げれば、カメラマイクよりも話者に近い、迫力ある声が録れそうです。 また、離れた場所でもキャノンケーブルで伸ばして、カメラのすぐそばでミニプラグで変換すればノイズにも強いはず。 (これが大きい)

カメラにXLR端子がついてなければXLR端子のマイクは使えない。

そんな固定観念を持ってる人は、実は多いんじゃないかとも感じました。
確かにXLRのアンバランス入力じゃなきゃ音質的に意味はないかもしれませんが、優秀な業務用マイクを家庭用ビデオカメラに使えれば確実に収録の幅が広がります。
いやーなんでも試してみるもんですね。


参考
オーディオテクニカ AT9903  (2008年3月発売)
http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/at9903.html
プラグインパワーと、電池給電両方対応

スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.