「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

角界に突然のガバナンス要求の難しさ

2010/06/22
文化人類 0
野球賭博で揺れる相撲協会
完全に感情的な思いですが、個人的には少々可哀想な気がします。

前回の朝青龍引退問題と、事業仕分けの影響で「公益法人」という今まで国民が気が付かなかった部分までメスが入ってしまった。
このタイミングが非常に悪かった。(そこに便乗した週刊誌もアレですが)

上場会社ならともかく、格闘系興行をメインとする組織に対して暴力団との繋がりを指摘するのは、その組織の存在そのものを否定するようなものです。

最近は数少なくなりましたが、私も格闘技やプロレスを見に行くのが好きです。

その昔、とある映像配信の会社様から「チケットがあるから行きますか?」と、とあるプロレス系格闘技興行のチケットを頂くことができました。
いつも自分で買うチケットは双眼鏡でモニタを見るぐらいの遠い席ばかりですが、このとき初めてリングサイド数列後の高い席に座らせて頂きました。
周辺には空席が目立ち、同じく数合わせで来場してるお客さんがちらほら。
その中に、スーツ姿のいかにもコワモテの男性数人がリングサイト最前列に座られます。
なるほど、こういう所でいろいろ絡んでるんだな~と、ひっそりと一般人として座ってました。
しかし試合が進むと私も興奮してくるのでいろいろ野次を飛ばしてると、その野次にちょくちょくウケてくれるコワモテの方々。
その興行が旗揚げ興行だったこともあり不手際の多かったイベントだったんですが、その面白さと時間を一緒に共有した、ちょっと楽しく貴重な時間でした。

もし私がその団体の選手だったら、
「ちょっとこの後一杯どうだ」と言われれば「よろしくお願いします」と二つ返事でしょう。 タニマチどうこうではなく、所詮人間同志ですからね。

そんな瞬間に「選手として社会性を自覚し断りなさい」とその場で言える選手やスタッフがどれだけいるか。
「ゴルフはOKだけど賭け事はだめだ」と毅然と言える上司がいるか。 疑問です。

私が見たのはほんの一端ですが、
プロレスという闘いの興行は当然として、音楽興行についても関わりがあることをよく聞きます。
まして、歴史ある「和」の伝統+闘い の文化が、ヤクザ文化と近くないわけがありません。相撲協会におけるその繋がりは、プロレス団体の比ではないでしょう。

闘いの世界に身を置く人たちはそんな日本の伝統を受け入れるからこそ、その団体に所属し続けることができるという事情もあるはず。

しかし、これが社会的責任の少ないプロレス団体なら許されて、公益法人だから相撲協会が批難の的にされるのも、当事者は「いきなり言われたってわかんないよ!」という気持ちでしょう。 
武蔵川理事長の会見での表情はまさにそんな感情を表してました。


普通の企業、例えば建設系の企業であればそれ関係の繋がりも深いでしょうから、その企業統治をどのように行うか? 株主総会をどう乗り切るか? 
を神経質に全社をあげて取り組んでいることでしょう。

それが、相撲協会という今まで圧倒的な伝統行事として存在していた組織について、
きっと、周辺組織(国、団体、会社)もそのガバナンスの必要性についてほとんど指摘してこなかったはず。
それが急に週刊誌が騒ぎ始めたからって批難をし始めたら、「だったら前から言ってよ」となる。
逆に、それらを今まで警告し続けてこなかった関係省庁の責任を問う、という観点はないんでしょうか?

事業仕分けで取り上げられる公益法人があの体たらくですから、選手出身で構成される相撲協会に「組織的紳士度」をいきなり求めても無理ってもんです。

物事にはすべて理由や事情がある。
それらをすべて含みながら分析できる、そんな紳士度を持てるマスコミを期待したいです。

スポンサーサイト



コメント(0)

There are no comments yet.