「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

編集ソフトの選び方 Amazon編

2011/04/01
映像制作 0
Amazonで面白いページを見つけました。

自分だけで楽しむなんてもったいない
~撮りっぱなしの“素材”動画を、動画編集ソフトで“作品”にしよう!~

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=pe_31232_23418352_pe_r3i/?docId=3077069126

たまーに聞かれる「動画編集ソフトは何を使ったらいい?」
この質問はかなり難しいものです。 結局は
Adobe Premiere(プレミア)系(Pro、Elements)か、
トムソン・カノープス EDIUS(エディウス)系(Pro、NEO)
の2種類を薦めます。

理由は単にこの2本がデファクトなソフトだから、という理由。

プレミアは歴史が古く実績もある。関連本や参考書も多くユーザーも多いので、ユーザー同志で助け合うことが可能。
一方、エディウスは日本製のソフトで日本人には分かりやすい部分が多い。カノープスは動画ハード、ソフトを出し続けてる老舗メーカーなのでその点の信頼も高い。きちんとアップデートパッチを公開してくれる。(プレミアは余程の致命的エラーじゃないとパッチを公開しない)

個人的に動画ソフトやパソコンを扱う趣味の方以外の一般の方が、動画編集ソフトを扱うのはあまりおススメしません。
それは自分の仕事が減るとかそんなことではなく、使えるようになるまで多くの時間を要するためです。

それでもやっておくべきなのは、動画をいつでも見れるように、撮影済みテープや撮影済みファイルをDVDやディスクやHDDに保存しておく。
気が向いたら引っ張り出して、きちんと見れるか確認しつつ思い出にふける。
その程度の関わり方、あとの貴重な時間はご自身が集中した他のことに費や したほうがいい。

一方お仕事で動画編集ソフトを使うとき、これが厄介です。
プレミア、エディウス どちらを使ってもよいのですが、一度使い始めたら使いこなせるまで数年かかります。
今後どっちと付き合い続けるか?という決定をするのが難しいんですよね。

私はというと、
結局はプレミアを使い続けてます。
理由は「慣れてる」から。と、仲間が多いから。
(バックアップのためにEDIUS Neoも最低限のことは使えるようにしてあります。)

動画編集ソフトは他のソフトと比べると、操作が複雑で絶対的ユーザー数の少ないソフトです。
企業向けソフトのように有料サポートも充実しておらず、いかに同じ境遇の人を見つけるか?がカギになってきます。
アドビならではちまちましたインターフェイスのちっちゃいボタンには閉口しますが、このデファクトスタンダードな環境はいざというときの心強さに繋がります。

これから動画編集ソフトをお探しの方、決して高くないソフトもありますがどうぞ慎重にお選びください。
ここではお金が重要ではなく、操作に慣れるための時間が重要なのです。

もし悩んで訳が分からなくなったら、Windowsに標準で入ってる「Windows ムービーメーカー」を使いましょう。
それをしばらく使ってみてからソフトを探すのも悪くありません。
それでも悩んだら大木までご連絡ください。
もちろんお金なんて取りませんのでご安心を。

O.W.ガレージへのお問い合わせはこちら

スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.