「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

家電と体験の融合(ビックカメラ・鉄道博物館ナイトミュージアム)

2011/01/25
初心者マーケティング 0
私が普通のSuicaからモバイルSuicaに移ったきっかけとなった、ビックカメラのSuica付クレジット(ポイント)カード。
「ビックカメラSuicaカード」
最近はSuicaのついた各種カードも多くなりましたが、当時、家電を買って、ポイントで電車に乗れるというカードはかなり画期的でした。

その後もビックカメラはSuica促進キャンペーンを積極的に行い、
「○○までにモバイルスイカ(携帯がSuicaになる機能)に加入すればマグカッププレゼント」というキャンペーンで見事にモバイルスイカに加入した私でした。 
モバイルスイカはほんとに助かってますので、逆にそんなキャンペーンでもなければ加入しなかったのかと思うとありがたいぐらいです。

そんなビックカメラとJRの蜜月が起こしたものなのか、ビックカメラでSuica払いすると鉄道博物館のナイトミュージアムにご招待、というキャンペーンをやってます。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110107_418666.html
http://www.biccamera.co.jp/shopguide/campaign/tetsu_haku/index.html

単なるポイントの優遇措置などだけじゃなく、こんなイベントの仕掛けを絡めてくるのはさすがビックカメラだと感心しました。
好調な量販店には、勢いもあるし、その理由もあるようです。
そういえば、去年のエコポイント狂想曲の時期に我が家で液晶テレビを買ったんですが、それもビックカメラでした。(理由は長期保証制度と値引き交渉)

一方、
M&Aした家電ショップを持て余してる会社さんもあります。
秋葉原で有名な石丸電気を買収したエディオングループ。
http://ishimaru.jp/
秋葉原好きとしてはこのM&Aで石丸電気の何が変わるのかと期待してましたが、閉店した駅前の店舗は閉まったまま何も動きがなく、ソフト系(CD、DVDなど)販売をしてた「Soft1」は閉店。「Soft2」も今年3月で閉店します。

この店舗はどちらも年間数百のイベントを行う秋葉原で有名な店舗だったんですが、M&Aされてからの両店はただ売り場が規模縮小、整理統合されるだけの日々。

ご存知のように現在の秋葉原は世界が注目する街。
コスプレさんがその辺を歩くこの街で、「家電とコンテンツのコラボ」について、何も打ち出せずに縮小するのはただただ寂しい限りです。
確かにWeb販売が台頭してきた現代はソフトを売りにくい時代ではありますが、タワーレコードなど好調な会社もありますし、不調のHMVジャパンはローソンが買収しました。 つまりやり方次第だと。

家電の販売方法が飽和状態になってきたのは素人目にも明らかですが、そこに掛替えのない「ライブ」「体験」「コンテンツ」を合わせることで面白い展開が考えられそうです。

Web販売が大きくなるにつれ、商品の実物を手に取れる、「リアルな買い物は体験型の遊びだ」 と痛感することが多いこの頃。
身近に面白いタネが転がってることをぜひ大企業様も気が付いてほしいです。

クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学
(2008/11/08)
吉本 佳生

商品詳細を見る
スポンサーサイト



O.W.ガレージ 大木貴博
Author: O.W.ガレージ 大木貴博
O.W.ガレージ・大木のお仕事にちょっとしか関係ないブログ「BLOGarage」

動画の便利さを一人でも多くの方へ

http://owga.net/

コメント(0)

There are no comments yet.