「映像とWebの便利屋」O.W.ガレージのやつが送る映像とWebとその他 (江東区)

自転車文化のその後と過渡期

2010/04/06
流行りもの 0

こちらの続きです。
http://owgarage.blog82.fc2.com/blog-entry-9.html

私が自転車通勤をしているときは、理解ある上司のお陰で自転車通勤に便利な半ズボンのまま通勤していたのですが、とある方から「半ズボンのまま通勤するなんて非常識だ!」をお叱りを受けたこともありました。
しかしその点は頑固な私はそのスタイル変えずに通勤し続け、お陰で服装に関係なく思い切り漕げることにより風邪も引きにくくなり体力もアップして、花粉症もかなりよくなったことを覚えています。(念のため加害者側の保険にも加入しました)

しかし、大変残念ながらある日を境に全社的な「自転車通勤禁止」になり、通勤できなくなってしまいました。
この時流は他社でも同様のようで、「事故ったら労災は適用されない。だから自転車禁止」という企業も多いようです。

この流れで割を食ったのが、近所から通勤されるママさん社員。
仕事帰りにお夕飯の買い物をしながら帰宅する、という日本人の王道生活パターンがこのルールのおかげで大きく変わってしまいました。
自転車通勤がだめならクルマ通勤ができるわけもないこの日本で、総務部門の事情も理解できますがこのルールはあまりに残念な対症療法に見えました。

その一方で、
自転車をもう少しきちんと社会に取り入れようとする様々な社会実験が行われてます。
私の自宅からすぐ近くの京葉道路ではこんな実験がされてます。

警視庁資料(PDF)
http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/kisha/h19/1118.pdf

こんな道路が増えるにつれ、タクシー関係者さんや、運送会社さんなどは拒否反応を示されるかもしれません。ただ、今までクルマ・バイクを利用していた人が自転車利用へシフトしているという効果(渋滞軽減)もあります。

元々ママチャリの自転車文化が根強くある日本。
交通マナーの折り合いがつけば、個人的にはヨーロッパと同様に第3の交通機関として定着すると考えています。

ん十年前を思い返してみれば、駅前に溢れていた放置自転車はかなり見なくなりました。
もちろん減らすためのインフラ整備など自治体の努力が大きいわけですが、自転車を利用する市民の民度が確実に上がっている証拠だと思われます。

こうやってうん10年単位で努力・模索していき、高レベルでの自転車文化が根付くことを願ってます。
交通と健康を両立するツールってなかなかないもんですよ。

 

WACHSEN(ヴァクセン)20インチアルミコンパクトサイクル 7段変速 BV-207 StraWACHSEN(ヴァクセン)20インチアルミコンパクトサイクル 7段変速 BV-207 Stra
(2009/04/24)
WACHSEN(ヴァクセン)

商品詳細を見る

スポンサーサイト



コメント(0)

There are no comments yet.